台車とキャスター物流機器情報

現場の目線から、お客様にご満足いただくために。
台車製作から台車部品まで、ご選定のお手伝いします。

どの台車、どの部品(キャスター、車輪、タイヤ)を選べば?

手押し台車の選定がわかります

手押し台車

最新の車輪、ストッパーなど使用した台車を紹介。
業務用を中心に扱い運搬効率を求めます。

昇降台車の選定がわかります

昇降台車

腰痛対策など作業改善します。
運ぶだけでなく、持ち上げ作業ができる台車です。


構内トレーラーの選定がわかります

構内トレーラー

大量・重量運搬に向いた台車です。
連結して小回り良く構内運搬できます。

台車の工夫・改善事例集(アイディア)

台車の工夫・改善事例

運搬効率化を検討する事例を紹介します。
アイディアで大きく前進できます。


キャスター・車輪の選定がわかります

キャスター・車輪

キャスター・車輪で台車性能が決まります。
様々な機能を持つキャスターを紹介。

産業用タイヤの選定がわかります

産業用タイヤ

台車・荷車から農機用タイヤまで扱っています。
タイヤ、チューブ1本から販売します。


お客様の「どの台車、どの部品を選べば?」の選定課題に、当サイト「台車とキャスター物流機器情報 3つの特徴」(下記)で、私たち(中部産業)が対応します

    当サイト「台車とキャスター物流機器情報」 3つの特徴

  • お客様ひとりで悩む必要はありません。専門スタッフがアドバイスします。
  • メール、ファックス、電話などで対応します。全国対応。無料相談です。
  • サイトでは写真、動画を使い、ご相談では専門語を避け、わかりやすく説明します。

キャッチフレーズ「カタログにない、情報をご提供します」、この意味は?

台車、部品の選定は、当サイトの専門スタッフが持つ「長年の経験、知識(現場から」の視点でお手伝いします。単なるカタログ知識でありません。中部産業が当サイトのキャッチフレーズに「カタログにない情報をご提供します」と書かせていただいている理由です。

当サイトは、わかりやすいように製品別メニュー(キャスター、タイヤ、手押し台車、昇降台車、トレーラー)で構成されています。各製品メニューごとに「選定しやすい視点」を作っています。

特に「台車の工夫・改善事例集」には、私たちが培った経験を生かした特注台車を通して、お客様の課題のヒントを提供しています

専門の視点でご選定できます。ご安心下さい!

【担当者ひと言】手押し台車、テーブルリフターなどの昇降台車から台車部品(キャスター、タイヤ)まで取り扱っています。またニーズに合わせ、特注台車、構内トレーラーを製作しています。他サイトに負けない「情報の豊富さ」には自信を持っています

【主要6品目】 手押し台車 / 昇降台車 / トレーラー / 特注台車 / キャスター / タイヤ

手押し台車/運搬台車(詳細ページへ)

手押し台車、運搬台車

中部産業では過去のお客様のご要望から「性能」「安全」「効率」の4つの視点から手押し台車(運搬台車)を紹介することにしました。「荷台と車輪」の基本構成に「機能付加」され、多くのニーズに応える台車が増えました。そのメリットをご理解していただき、お客様の運搬作業にお役立て下さい。

昇降台車/テーブルリフターなど(詳細ページへ)

昇降台車(テーブルリフターなど)

台車には、手押しで運搬するほかに、荷物を載せる、降ろす作業が必要です。これが結構、作業負担がかかります。腰痛の原因にもなります。これを補助するため台車に昇降機能を組み込みました。この「昇降台車」には、テーブルリフター、フォークリフター、パレットトラックなどがあります。基本は動力なしで、人の力を介して油圧で持ち上げます。このことで作業負担が軽減されます。

トレーラー/構内で牽引動力車に牽引される台車(詳細ページへ)

トレーラー(牽引台車)

構内トレーラーは動力牽引車に連結して牽引されて利用されます。そして比較的広い構内敷地で大量、重量運搬に適しています。特に4WS(四輪操舵)式は、動力牽引車の軌道に追従し、きれいに曲がり角を旋回していきます。作業者は内輪差など考慮せずに運搬できます。ほかにも2WS(二輪操舵)式もあります。機能方式ではターンテーブル式、ナックル式、キャスター式などあります。各メリット、デメリットを弊社担当者が説明します。お気軽にお問い合わせ下さい。

特注台車/工夫・改善事例集(詳細ページへ)

特注台車(工夫・改善事例)

お客様の相談していると、汎用商品では対応できない場合があります。特に生産に携わるお客様は「効率」を求められます。弊社では「特注の手押し台車」「昇降台車の改造」「構内トレーラーの特注製作」の3柱で台車を特注製作しています。「台車の工夫・改善事例集」で過去製作事例を多数紹介しています。弊社担当者が特注台車の相談を承ります。お気軽にご相談下さい。

キャスター(詳細ページへ)

豊富な種類のキャスター

台車の運搬性能は足回りで決まります。特にキャスターは荷台に取り付けるだけの車輪ユニットです。非常に便利な足回り部品です。最近では振動・衝撃を吸収するスプリングキャスター、タイヤキャスター。そして耐熱キャスター、静電防止キャスターなど多くの種類があります。当ホームページでは系列別に区分して、わかりやすくご案内します。キャスターの選択は、弊社担当者がアドバイスできます。ご相談下さい。

タイヤ/荷車・台車で取り扱われる小径タイヤ(詳細ページへ)

タイヤ(荷車・台車で取り扱われる小径タイヤ)

タイヤは自動車をはじめ自転車、リヤカーなど多く使用されています。空気とタイヤの組み合わせは万能です。特に少々荒れた屋外の路面での運搬に適しています。中部産業では荷車、台車に使われる小径サイズのタイヤを中心に取り扱っています。お客様には、聞き慣れないインチサイズで型式表示されますのでご理解しにくいと思います。弊社担当者にお気軽にご相談されることをおすすめします。当ページでは、できるだけ、やさしく解説しました。

構成:トップページ→各トップページ(上記6部門)→種別サブページ→商品カタログページ

*このホームページは上記の構成になっています。ご了承下さい。商品ページにてご購入できます。

台車、キャスターなど購入された、お客様の声を聞きました。

お客様の声、多くのお客様に喜ばれています

本当にお客様ニーズに合った商品を販売するのは大変です。ここで紹介する「お客様の声」は弊社にとって大変有難い話でした。今後のサービス向上に役立てたいと考えています。お客様には「問題解決のヒント」になります。ご覧いただくことをおすすめします。


今、祭り用(山車など)キャスター、タイヤのお問い合わせが多いです。ご相談下さい。

お祭り用(山車など)でキャスター、タイヤが人気

動画で見ると理解が深まります(Youtube動画でご覧いただけます)

【担当者からひと言】例えば、下記のテーブルリフター(昇降台車)は、写真だけではイメージが沸きません。動画でご覧いただくことで商品が理解できます。各カタログページに必要に応じて掲載しています。

テーブルリフト台車_上昇の動画をご覧下さい。

お役に立つコンテンツ

台車、キャスターなど部品選定するのに関連する「役立つ知識」を集めました。さらに詳細ページ「役立つ知識」をご用意していますのでご覧下さい。

お役に立つコンテンツA

お役に立つコンテンツB

売れ筋ご案内

商品別で中部産業の売れ筋を紹介します。弊社の場合は、お客様のお近くで手に入らない商品、弊社オリジナル商品が売れる傾向にあります。あくまでもご選定の参考として下さい。

売れ筋ベスト5(運搬台車)

  1. 静音キャスター付きプラスチック台車

    走行音の静かなキャスターを持つ、荷台がプラスチック製台車

  2. 空気入りタイヤ付プラスチック台車

    空気入りタイヤで屋外での運搬が最適、荷台がプラスチック製台車

  3. シートボックス付プラスチック台車

    荷物を箱(シートボックス)に入れ運搬。荷物落下を防ぎ、雨天時の運搬も安心。

  4. フットストッパー付プラスチック台車

    足元のペダル操作でストッパーが掛けられる台車。

  5. ハンドストッパー(ブレーキ)付プラスチック台車

    ハンドルから手を離せば止まります。最も安全な台車です。

売れ筋ベスト5(昇降台車)

  1. 小型テーブルリフト台車(手動)

    手軽に車載でき、納入先で使用できるテーブルリフターとして人気があります。

  2. 中型テーブルリフト台車(手動)

    何と言っても、このクラスが一番よく使われます。多くの用途範囲で使用可能。

  3. 低床テーブルリフト台車

    最も低い位置から荷台が上昇します。荷物を載せる負担の軽減。

  4. 高揚程型テーブルリフト台車(手動)

    荷台を最も高く上げるテーブルリフター。

  5. マスト型テーブルリフト台車(手動・標準)

    マスト型の構造のため、テーブルリフターより小回りでき、低い位置からの上昇が可能。


売れ筋ベスト5(キャスター)

  1. 空気入りタイヤキャスター

    振動、衝撃に強い!一番人気!少々荒れた路面で威力を発揮!

  2. 重量戸車

    門扉の戸車。隠れた人気商品です。レール軌道の車輪。

  3. スプリングキャスター

    ここ5年、人気の定番商品。購入して問題なし!スプリングの緩衝能力。

  4. 耐熱仕様鉄車輪キャスター

    コストパーフォーマンス最高!の耐熱キャスター。鉄車輪で十分。

  5. 超重荷重用キャスター

    頼りになります。重量運搬に最適

売れ筋ベスト5(タイヤ)

  1. 空気入りタイヤ(小径)

    荷車、台車に使用される小径中心の空気入りタイヤです。

  2. ゼロプレッシャタイヤ

    空気入りタイヤとノーパンクタイヤの中間製品。両方のメリットあり。

  3. リヤカー用タイヤ (サイズ:26X2 1/2)

    探していらっしゃる方が多いタイヤです。弊社は1本から全国販売。弊社サイズ別第1位。

  4. ノーパンクタイヤ(小径)

    パンクの心配を解消。ソリッドゴムタイヤ。荷車、台車用の小径タイプ。

  5. 軸用ノーパンクタイヤ(ハブタイプ)

    構内トレーラー用に使われます。重量運搬ができるハブタイプのノーパンクタイヤ。

最新情報(台車、そしてキャスターなど新製品。物流業界の情報)

2014年6月5日
  • 期間限定
当サイト「台車とキャスター物流機器情報」をリニューアルしています!
現在、当ホームページのリニューアル作業を続けています。旧ページデザインと新ページデザインが混合しています。ご迷惑おかけし誠に申し訳ありません。7月にはリニューアル完了予定です。運営は従来とおりですので当サイトを安心してご利用下さい。

【担当者からひと言】今回のリニューアルには、従来ページより動画、写真など追加し情報豊富なページとなっています。すでに「手押し台車」「昇降台車」は完了しています。ぜひご覧下さい。

2014年5月12日
  • キャンペーン
  • お得情報
姉妹サイト「台車・車輪販売.com」が通販として運営開始しました。
当サイト「台車とキャスター物流機器情報」は「情報、コンテンツ提供」を中心としたページになっていますが、姉妹サイト「台車・車輪販売.com」は通販サイトになっています。当サイト掲載以外の商品を多く取り扱っています。ぜひご利用下さい。
2014年5月10日
  • PR
  • 新商品
  • キャンペーン
  • お得情報
中部産業の福祉事業「あなたの車を福祉車両にします」が運営開始
中部産業が「後付けの車いすリフト」の販売します。あなたの愛車を福祉車両に改造します。弊社のメリットは「定員通り乗車できる」「改造申請が必要なし」「取り外しが可能」などのメリットがあります。グループ会社の総力をあげて対応しています。ホームページも立ち上げていますのでご覧下さい。

プレスリリース(新聞社、雑誌社での紹介記事案内)

2011年4月5日
週刊誌 サンデー毎日の連載「会社の流儀」に中部産業が紹介されました。
中部産業は「台車を中心に物流ニーズを徹底サポート!選び方から用途に応じた改造、製作まで」できる会社として紹介されています。豊富な情報のホームページを持ち相談できることが記載されています。私たちは、全国どんな業種もカバーできる「グッドカンパニー」をめざします。
2010年12月14日
中部経済新聞 「追跡なごやビジネス」の中で「低価格で特注台車製作」が掲載されました。
その中で、特注台車のべんり君が紹介されました。『台車はどんな規模の企業でも、またどんな業種でも1台くらいは所有しているもの。企業だけではなく、学校、病院などでも使うし、最近は個人からの注文もあるという。ただ、やはり業種によっては細かい要望が出てくる。そんな中で多かった要望を集めて作ったのが、「べんり君」だ。』

当サイト「台車とキャスター物流機器情報」の利用方法

まず汎用品(手押し台車または昇降台車)から検討します。次に手押し台車の汎用品で満足できない場合は特注台車を視野に入れます。また昇降台車の汎用品で満足できない場合は改造で対応します。手押し台車で運べない「大量、重量運搬」の場合は構内トレーラーの検討に入ります。台車を購入しなくても、部品(キャスター、タイヤ)交換で済めば、適正な部品選択検討します。
この場合、お客様の方で「どのように運びますか」「何を運びますか」「どこを走行しますか」「どのように載せますか」の運搬構想ができていることがポイントになります

手押し台車、運搬台車

昇降台車(テーブルリフターなど)

特注手押し台車

昇降台車(テーブルリフター)の改造

大量、重量運搬ならば

構内トレーラー

キャスター

産業用タイヤ

商品ご購入について

各商品ページに「注文フォーム」を設置しています。そこをクリックしていただき、お名前、ご住所など必要事項を記入していただき送信して下さい。折り返し、自動返信メールだけでなく、弊社の担当者から返答させていただきます。弊社ではショッピングカートのシステムを採用していません。お客様と連絡し確認させていただきながら手配させていただきます。ご安心してご利用下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ